活発な組織への変革

企業が成長するためには、常にシナジー効果を発揮し、変革に対し柔軟に対応していく組織であることが求められます。
私たちは、実際の組織課題やグループワーク研修を用いて学習する組織への変革に必要な意識変革のお手伝いを行います。

グループワークを実施した後に、GSI(Group Styles Inventory)を活用し自分たちの組織・チームの特性を客観的に
判断することで特性を分析し、強化すべき意識を顕在化します。

 


 

基本的な流れ


 

診断特性と使用のメリット

 

グループワークツール

GSIを測定するために必要なワークは、お客様の研修の対象となる階層および人材育成計画に沿った内容をご用意します。

「これまで進捗していたプロジェクトチームを再編成し、推進していくメンバーに
編入された」という前提から、プロジェクト管理のプランをデザインします。
そのために必要な20項目をランダムに出題。グループワークを通じ、適切な計画を
デザインします。
<得られる効果>

• PDCAサイクルの理解    • 建設的議論の展開
• プロジェクト管理能力   • リーダーシップ

詳しい情報はこちらから!資料がご覧になれます。

 


事業計画の作成から決算まで、実際の企業の経済活動をチームで体験することで、
様々な能力を涵養します。
<得られる効果>

◆ 経済活動の理解   ◆ 業務に対する姿勢、他己評価
◆ 目的の共有     ◆ PDCAサイクルの理解
◆マネジメント能力、進行を俯瞰する視野

詳しい情報はこちらから!資料がご覧になれます。

 


自社(事業部)を徹底的に分析し、
・ 『強みや強化すべき ポイントが会社の方向性にそっているのか』
・ 『そのためにすべきことはなにか』 ...等をワークを通して考えます。

ディスカッションを通し4つのカテゴリーを6項目に分け、144の課題の中から
緊急度、重要度に振り分け、自社の課題を客観的に引き出します。
<得られる効果>
◆ 分析ツール活用  ◆ 将来ビジョン
◆ 業務判断     ◆ 自社理解

詳しい情報はこちらから!資料がご覧になれます。

 

 

費用について

当カリキュラムをご導入される場合、GSI調査実施費+研修実施費でのご提供となります。

お見積り等のお問い合わせはこちら、または下記リンク先のお問合せフォームよりお問い合わせ下さい。

担当よりご連絡させていただきます。